「力を抜く稽古会」について

合気道の根幹となるリラックスによる“自然体”を中心に、剣、杖などの道具も活かした稽古を行っております。
他との比較ではない自身の"からだ"への取り組みとして
“からだ”が心地よく動くこと・“からだ”を心地よく動かせること
「巧みに動く“からだ”」を磨いて維持すること
 ……等を目指して研究を続けております。
素質や才能に関係なく、武道や“からだ”のことにじっくりと向き合いたい
……という方とのご縁を大切にしたいと思っております。
お気軽にお問合せください。

※ 「力を抜く稽古会」についてもっと詳しく知りたい方は
  こちらのサイト 京都【合気道「力を抜く稽古会」】 もご覧ください。

主催者について

京都市生まれ。船岡山を遊び場に育つ。
幼い頃は病弱で強さへの憧れがあった。
中学で柔道、高校時代に空手、その後20代半ばより本格的に合気道の研鑽を積む。
その間に、数名の現在活躍されている有名武道家から、その若かりし頃に教えを受ける幸運に恵まれる。
現在は独自の武道技術と理論により、西賀茂の自宅内に設けた稽古場を拠点として活動を続けている。
幼少期の虚弱体質の克服は当然のこととして、66歳の現在がもっともよく動く“からだ”を獲得していることに、この取り組みの成果を確信している。
酒とは無縁の甘党。

オリジナル稽古用具「養生剣」について

当稽古会では、効率よくかつ安全に稽古を進めるための道具、「養生剣」を製作・販売しております。
詳細はこちらのサイト 京都【合気道「力を抜く稽古会」】 から【 「対人稽古用 ― “養生剣”」の販売 】をご覧ください。
この剣を使うことにより、思い切った対人稽古が可能になります。
道場における稽古で使用しておりますので、是非お試しください。

トップへ戻る